京都・滋賀で唯一の大学院・大学編入受験専門塾
京都コムニタスは、大人が勉強できる塾です

電話:075-662-5033, FAX:075-662-1285, メール:info@kyoto-com.net
京都コムニタス HOME » 試験情報 »

平成24年度臨床心理士資格試験情報<2次試験>

平成24年度臨床心理士資格試験情報<2次試験>

平成24年度臨床心理士資格試験<2次試験>が平成24年11月10日~12日にかけて東京国際フォーラムで行われました。
受験者の方々が受けられた質問について一部ご紹介します。

<Aさん>

・マーク試験はできましたか?
・現在のお仕事は?
・大学院で習ったことが今の仕事にどう生かされている?
・これからどういう領域で活動したい?
・これまでは学校での経験はないのですか?
・SVは受けていますか?
・あなたオリエンテーションは?
・どんなバイズをしてもらっていますか?
・自分の強みと弱みは?
・ではその自信がないということを補っていくためにどうしようと思っていますか?
・SVを受けていて役に立ったと感じるときは?
・(ケースの概要を説明するときに「ThがClに関心を寄せる」と言ったことをピックアップして)Clに関心を寄せるというのはどうやって行っている?
・もっと具体的に関心を寄せているのか教えてくれませんか?

後半は男性の面接官に質問されました。優しい雰囲気ではありましたが、女性の面接官よりは鋭い質問だったように感じました。SV中心の質問でした。

<Bさん>

一次試験の感想
・一次試験はどうでしたか?何か感想を言ってください。
・小論文のことをもう少し詳しく教えてもらえますか?
・小論文を今書きなおせるならどう書きたい?
心理臨床の専門性について、何を学んできたか
・これから心理臨床活動をされていきたいんですよね。では、その心理臨床の専門性について何を学んできましたか?
修士論文について
・修士論文についてお聞きします。端的にエッセンスを述べるならどんな内容ですか?
・(答えた内容の「専門家の関わりという言葉」に対して)専門家の関わりっていうと?もう少しお願いします。
・(答えた内容の「対人関係の調整」という言葉に対して)対人関係の調整?具体的に言うとどういうことですかね?
・(調整の仕方について答えると)あなたの専門性がどう発揮されていたかですね、それをお聞きしたいんですが?
今後取り組みたい領域と、そのために努力していること
・それでは、これから、心理臨床家としてやっていくとき、どんな領域で働きたいという希望はありますか。そのために何かやっている事があったら、それも教えてください。
心理臨床家として伸ばしていきたい資質
・それでは、最後にお聞きします。これから伸ばしていきたいと考えている、臨床心理士としての資質は何ですか?

▲ページの一番上へ