京都・滋賀で唯一の大学院・大学編入受験専門塾
京都コムニタスは、大人が勉強できる塾です

電話:075-662-5033, FAX:075-662-1285, メール:info@kyoto-com.net
京都コムニタス HOME » 入試情報 »

兵庫教育大学大学院 入試情報

兵庫教育大学大学院 入試情報

 

学校教育研究科 人間発達教育専攻 臨床心理学コース

大学ホームページ:http://www.hyogo-u.ac.jp/(コース紹介のページはこちら

教員・研究領域

野田哲朗 教授(アルコール・薬物・ギャンブル嗜癖、自殺予防、大人の発達障害)
大野裕史 教授(行動分析学の観点から、発達障害のある人や幼児・児童、その周囲の人々(保護者・教員など)の支援)
遊間義一 教授(犯罪心理学、心理査定。TAT検査の信頼性・妥当性の研究)
有園博子 教授(犯罪被害・遺族・被虐待児・DV被害・性暴力被害の方々への心理的回復支援)
市井雅哉 教授(トラウマ回復支援研究。PTSD、ストレス、不安、うつ等への効果的な援助・予防法)
岩井圭司 教授(心的外傷に対する心理療法的介入、学校教員の精神保健、学校防災論)
海野千畝子 教授(コミュニティー心理学の立場から子ども虐待対応臨床、学校臨床)
嶋﨑まゆみ 准教授(発達障害、幼児期から思春期の問題などに対して、実験的行動分析による基礎研究と
         応用行動分析による臨床研究)
遠藤裕乃 准教授(精神分析的心理療法と家族療法、短期療法)
佐田久真貴 准教授(発達障害臨床心理学、行動療法。発達障害のある子どもと保護者への応用行動分析的介入)
中村菜々子 准教授(生涯発達のさまざまな局面で生じるストレスへの有効な対処と予防に関する研究と実践)
鈴木菜実子 講師(対象関係論の立場で、主として思春期以降の人々を対象とした臨床と研究)
永山智之 助教授(力動的心理療法。発達の偏りや未成熟の問題を抱え、自分の内面を語るのが難しい現代青年への
        箱庭や描画、グループの活用)
田村典久 助教授(認知行動療法を軸として、睡眠健康や社会生活を営むために必要な機能の維持および向上を目的とした
        支援策の探索と構築)
池田浩之 特定助教(認知行動療法を通じた、精神障害や発達障害のある方々への就労支援)

 

 

選抜方式

2018年度試験日程

  出願期間 試験 合格発表
  8月選抜     2017/7/13(木)~7/21(金)      8/19(土)       9/8(金)   
  11月選抜  2017/10/12(木)~10/20(金)  11/18(土) 12/1(金)
  3月選抜 2018/2/1(木)~2/9(金) 3/3(土) 3/15(木)


募集定員:40名(昼間30名、夜間10名)

筆記:「心理学基礎」「臨床心理学」「発達障害臨床心理学」「学校精神保健学」「英語」(英和辞書持込可)から出題。200点
面接:有(口述)、主として志望する専攻(コース)における研究等について試問する。300点
提出物:専攻・コース志望調書等

 

 

入試倍率

  8月選抜 11月選抜 3月選抜
    志願者数 合格者数 倍率 志願者数 合格者数 倍率 志願者数 合格者数 倍率
2010年度   103 43 2.3 46 17 2.4
2011年度   80 44 1.8 42 17 2.0
2012年度   69 48 1.4 46 16 2.9
2013年度 昼間 74 31 2.4 24 14 1.7 10 1 10
夜間 34 10 3.4 11 2 5.5
2014年度 昼間 97 39 2.5 37 12 3.1 9 0
夜間 31 10 3.1 7 2 3.5
2015年度 昼間 70 42 1.7 24 6 4 11 0
夜間 35 10 3.5 19 1 19
2016年度 昼間 80 37 2.2 31 10 3.1 6 0
夜間 24 10 2.4 6 1 6.0
2017年度 昼間 67 34 2.0 29 12 2.4 4 0 0
夜間 21 12 1.8 7 2 3.5

 

入試面接質問例

試 験:2016年度8月選抜
面接方法:集団面接 (受験者4:面接官3 or 2)
・志望理由について
・研究計画について(方法と対象者を含めて説明)
・今まで勉強の参考にした文献のタイトルと著者、どんな論文を読んできたかのタイトルと著者
・これまでしてきたボランティア活動とそこから学んだ事について
・社会人として職場場面などで心理臨床的と感じた体験について(社会人経験者への質問)
・今、考える貴方自身の性格と他者に言われる性格や評価について。またその差異についてどう捉えるか評価してください
・臨床心理士になりたい理由について
・教授へのコンタクトを取ったか

 

合格体験記

2014年度合格 Kさん
2012年度合格 Wさん

▲ページの一番上へ