京都・滋賀で唯一の大学院・大学編入受験専門塾
京都コムニタスは、大人が勉強できる塾です

電話:075-662-5033, FAX:075-662-1285, メール:info@kyoto-com.net
京都コムニタス HOME » 入試情報 »

立命館大学大学院 入試情報

立命館大学大学院 入試情報

人間科学研究科 人間科学専攻 臨床心理学領域

※2018年4月より開設予定

大学ホームページ:http://www.ritsumei.jp/index_j.html(コース紹介のページはこちら

教員・研究領域
(人間科学研究科における詳細は未定のため、応用人間科学研究科の情報を表示)

臨床心理学領域
吉沅洪 教授(臨床心理学、異文化間心理学、表現性心理療法、こころのケアと文化、神経症症状と文化)
森岡正芳 教授(臨床ナラティヴアプローチを基盤とする人称性科学の実践モデル構築)
徳田完二 教授(イメージを用いた心理的援助、収納イメージ法の効果や限界)
宮口幸治 教授(児童青年精神医学、非行臨床、特別支援教育など)

人間形成・臨床教育クラスター
春日井敏之 教授(思春期の人格発達と支援関係、学校教育相談と開発的カウンセリング)
野田正人 教授(非行や児童虐待への社会的支援。スクールソーシャルワーク、スクールカウンセリング)
増田梨花 教授(臨床心理学全般・子どもの発達臨床心理学・学校臨床心理学(思春期・青年期) )
鵜野祐介 教授(伝承児童文学(子守唄・わらべうた・民間説話など)の人間形成論的意味)

障害・行動分析クラスター
谷晋二 教授(障害児・者とその家族に対する包括的支援。ACTによる対人支援)
藤信子 教授(コミュニティ・ケアにおける心理アセスメント)
中鹿直樹 准教授(行動分析学の立場から、障害のある個人の就労を継続的に支援する方法を探る。)
三田村仰 准教授(アサーション、産業領域における従業員への心理・行動的支援)

家族機能・社会臨床クラスター
村本邦子 教授(女性のトラウマ、またその予防プログラムの開発)
尾上明代 教授(さまざまな対人援助領域におけるドラマセラピーの実践・応用の方法)
団士郎 教授(対人援助領域における「家族理解」の活用)
中村正 教授(社会臨床学、臨床社会学、社会病理学、男性性研究)

発達・福祉臨床クラスター

荒木穂積 教授(人間発達における質的転換期過程の研究)
中村隆一 教授(発達の質的転換期とその把握方法について)
竹内謙彰 教授(自閉症スペクトラム障害児・者の特別なニーズと支援)

 

選抜方式

2018年度試験日程

  出願 試験 合格発表
 9月入試     2017/7/28(金)~8/25(金)        9/24(日)        10/6(金)    
 2月入試 2017/12/15(金)~2018/1/12(金)  2/11(日) 2/23(金)

一般入試
募集定員:5名

語学:英語(辞書持込不可)
専門:①臨床心理学(心理療法)、②臨床心理学(心理検査)、③心理学基礎、④心理学、
   ⑤心理学研究法、⑥教育学、⑦社会福祉学、⑧社会学、
   上記のうち2科目選択(①または②どちらかは必ず選択)
面接:提出書類に基づき、入学後の熱意や入学後の学修課題等について審査
提出物:志望理由書等

社会人入試(入学時点で満25歳に達し、かつ規定を満たすもの)
募集定員:5名
語学:なし
専門:①臨床心理学(心理療法)、②臨床心理学(心理検査)、③心理学基礎、④心理学、
   ⑤心理学研究法、⑥教育学、⑦社会福祉学、⑧社会学、
   上記のうち2科目選択(①または②どちらかは必ず選択)
面接:提出書類に基づき、入学後の熱意や入学後の学修課題等について審査
提出物:志望理由書、履歴書等

 

入試倍率

大学HPにて公開

 

入試面接質問例

•試験:2017年度7月 学内入試(※応用人間科学研究科 臨床心理学領域)
面接方法:個人面接(1:面接官3)
・卒業研究について教えてください。
・フロイトとメニンガーを比較して何が分かるのですか。                  
・なぜ、それを研究して分かると思ったのか。     
・研究はどこまで進んでいるか。             
・大学院入学後の研究について教えてください。                      
・具体的な対象はありますか。              
・対象の中に”消えたい感情をもつ人”は何人くらいいると思いますか(経験や根拠) 
・将来、どういった領域で活動したいですか。                       
・具体的なビジョンはありますか。            
・心理士として活動しながら研究もしますか。                       
・質問紙を作るところから考えると(提出書類に)書いているけど、その方法はどこで学んだの?それともこれから学ぶの?機会はあったの?                
・臨床心理士としての適性は?              
・臨床心理士としての欠点は?              
・対人援助をするうえでのポリシーはあるか。

▲ページの一番上へ