京都・滋賀で唯一の大学院・大学編入受験専門塾
京都コムニタスは、大人が勉強できる塾です

電話:075-662-5033, FAX:075-662-1285, メール:info@kyoto-com.net

公認心理師資格試験対策コース

2018年3月10日更新

公認心理師試験対策コース(通信制)開設

2018年3月より、公認心理師資格試験対策コース(通信制)を開設しました。
詳細はこちらのHPをご覧ください。

公認心理師試験のブループリント(試験基準・範囲とその割合)が出ました。
公認心理師試験出題基準(ブループリント(公認心理師試験設計表)を含む。)の公表

[参考]公認心理師資格取得に関する基本的な考え方

公認心理師の資格試験を受験するには、基本的には、指定の科目を履修して大学を卒業後、大学院で指定の科目をとって修了する必要があります。

・現在心理系の大学に通っていて、公認心理師を目指す方は、自分の履修した/している科目と照らし合わせて、公認心理師の資格が取れるのかどうかを確認することをお勧めします。不明な点があれば、所属している大学や今後受験したいと思っている大学院に確認してみるのもいいでしょう。ただし、大学側もまだ未定な部分が多いので、明確な回答が得られるかどうかは大学次第であることにも留意しておく必要があります。
・現在心理系の大学に通っていない、または心理系の大学を卒業していない方で、公認心理師の資格取得を目指す方は、大学編入が現段階で最短ルートになると考えられます。その際、編入生にも公認心理師に必要な科目(特に実習)を履修させてもらえるかについて、受験先の大学に確認しておく必要があります。
・公認心理士という資格自体にこだわりがない、できるだけ早く心理職に就きたいのであれば、今後少なくとも数年間は、ひとまず臨床心理士資格の取得を目指して、臨床心理士指定大学院を受験することが最適と思われます。
詳細については、お気軽にお問い合わせください。

公認心理師に関する当塾塾長のコラム

(以下、コラムのタイトルが外部リンクになっています)
公認心理師養成における各大学の対応についての調査
これからの臨床心理士指定大学院の選び方
公認心理師に関する記事
通信課程による公認心理師の単位取得
今、心理学系学部出身でない人は、臨床心理士指定大学院に行くべきでしょうか?

関連リンク

厚生労働省「公認心理師」ページ 厚生労働省「公認心理師カリキュラム等検討会」ページ

▲ページの一番上へ