昭和女子大学大学院 入試情報

生活機構研究科 心理学専攻 臨床心理学講座

生活機構研究科・心理学専攻・臨床心理学講座で臨床心理士・公認心理師に対応
大学ホームページ:昭和女子大学(専攻・講座紹介のページはこちら

教員・研究領域

島谷まき子 教授
(精神科デイケアグループの実践的研究、心理劇の過程と効果)
清水 裕 教授
(向社会的行動、防災意識と地域防災対策)
松永しのぶ 教授
(自閉スペクトラム症の認知発達と発達支援に関する研究、発達障害児の家族支援に関する研究)
田中奈緒子 教授
(犯罪・非行臨床:立ち直りへの支援、青年期・成人期のキャリア発達、臨床心理査定:特にTAT(Thematic Apperception Test; 主題統覚法))
藤島喜嗣 教授
(社会的相互作用場面における社会的推論の歪み、社会心理学における再現性問題の検証と解決の試み)
松澤正子 教授
(乳幼児期の認知発達、親子関係の神経基盤)
松野隆則 教授
(推論に関する心理学的研究、認知過程の言語化に関する研究)
木村あやの 准教授
(感覚特異性の実態把握と社会参加支援、学校生活における心理的健康、心理検査遂行時の視線運動、表情認知に関する心理学的研究)
本多ハワード素子 准教授
(マイノリティメンバーが組織変化に及ぼす影響)
村山憲男 准教授
(睡眠が心理的健康や認知機能に及ぼす影響、高齢者の心理的健康とアセスメント、認知症の神経心理学的特徴とアセスメント、アスリートのモチベーションの多様性や、スポーツが心理的健康に及ぼす影響)

選抜方式

2025年度試験日程

 出願試験合格発表
7月期2024年6月4日(火)~6月18日(火)7月6日(土)7月13日(土)
2月期2025年1月6日(月)~1月22日(水)2月15日(土)2月22日(土)

一般入試のみ
募集定員:12名
語学:英語
※英和辞書持込可(電子辞書は不可)

専門:心理学基礎、心理学専門
面接:有(口述)
提出物:研究計画書(800字程度)

学費

学費合計
(1年目+2年目)
各年の学費
(1年目/2年目)
各学期の学費
(前期/後期)
学費内訳
【学内出身者】
1,861,200円

【その他出身者】
1,961,200円
【学内出身者】
930,600円(1年目)

【その他出身者】
1,030,600円(1年目)
【学内出身者】
465,300円(前期)

【その他出身者】
565,300円(前期)
【学内出身者】
57,500円(施設設備資金)
390,300円(授業料)
15,000円(実験実習・教材費)
2,500円(厚生文化費)

【その他出身者】
100,000円(入学金)
57,500円(施設設備資金)
390,300円(授業料)
15,000円(実験実習・教材費)
2,500円(厚生文化費)

【内部・外部共通】
465,300円(後期)
57,500円(施設設備資金)
390,300円(授業料)
15,000円(実験実習・教材費)
2,500円(厚生文化費)
【内部・外部共通】
930,600(2年目)
465,300円(前期)
465,300円(後期)
57,500円(施設設備資金)
390,300円(授業料)
15,000円(実験実習・教材費)
2,500円(厚生文化費)