京都・滋賀で唯一の大学院・大学編入受験専門塾
京都コムニタスは、大人が勉強できる塾です

電話:075-662-5033, FAX:075-662-1285, メール:info@kyoto-com.net
京都コムニタス HOME » コース案内 ,看護大学編入受験コース ,合格体験記(看護大学編入受験コース) »

滋賀医科大学看護学科3年時編入 他 合格 Tさん

滋賀医科大学看護学科3年時編入 他 合格 Tさん

私が編入を目指したのは、2年生の頃でした。その頃は、ただ大学に行って勉強したいという漠然とした気持ちでした。編入の試験は国家試験と少し違うことや、学校生活や実習が忙しい中で、自分ひとりで編入の勉強をするのは無理だと思いコムニタスに入塾しました。

初めは知らない人ばかりで緊張しましたが、 同じ目標を持つ同じ看護学生や働きながら通う看護師さんと仲良くなり、最後までお互いに刺激し、高め合える良い関係になり最後まで高いモチベーションを保つことができました。

看護学の授業では、解剖生理学から学び、疾患や病態、治療、看護などのポイントなどを先生から教えてもらいました。そして授業外では過去問を解いてわからない所を教えてもらったりして疑問をなくすようにしました。

塾には過去問や問題集が置いてあり、また授業以外でも自習をすることができるため、授業前や授業後にひたすら問題を解きました。

自己学習ではレビューや国家試験問題を何回も解きました。しかし、編入試験は記述もあるため、ただ問題を解くのではなく、なぜそうするのか、何が間違っているのかを自分で考えるように心がけていました。

英語は、正直苦手でした。そこで、授業で習ったプリントの復習をし、授業外では先生に英文の読み合わせをしてもらいました。家では毎日長文を必ず3題は読むようにして寝る前には英単語を覚えるようにしました。

コムニタスは先生と生徒との距離が近く気軽に質問したりしやすい環境が整っていると思います。これらの日々の積み重ねにより、最後には英語に自信がつき、試験でも自信を持って解くことができました。

必修では、時事的な話題などの医療以外の幅広い知識を教えてもらい、また小論文の書き方や面接の方法などについて学びました。以前まで漠然と編入を考えていましたが、先生と話をしていくうちに、大学で何を学び、どのような道に行くか具体的に考えることができました。

実習に行きながら受験勉強をすることは大変でしたが。コムニタスでは自分の予定に合わせて授業を受けることができます。また、少人数のため、気軽に質問がしやすいです。受験生活を振り返ると、しんどいことがほとんどでした。しかし、同年代の学生や看護師さんの仲間が塾にいたことでここまで頑張り続けることができたと思います。

無事に大学に合格することがきたのはコムニタスの先生方や、一緒に支え合った仲間のおかげだと思っています。ありがとうございました。

▲ページの一番上へ