帝塚山大学大学院 心理科学研究科心理科学専攻臨床心理学専修 合格Aさん

・受験を志したきっかけ

 臨床心理士になりたいと思ったから。
 被災地支援をしたいと思ったから。
 悩みを抱えている人を助けたいと思ったから。

 ・受験勉強の苦労

 自分がやりたいと思う満足する量に到達するのに予定以上の時間がかかる、なかなか進まない。
 長文の英語を読むのに苦労した。
 その日によってモチベーションの上下が激しいこと。
 勉強以外に研究計画などの提出物の作成に苦労し、勉強との両立が難しかった。
 自分との葛藤に苦しんだ。

 コムニタスに来て、来る前の自分と比べてみると成長したと実感出来ました。沢山悩んだり苦しんだりと大変なことの方が多かったのですが、受験生として充実した時間をすごせたと、振り返ると思います。授業外の指導も熱心にしてくれ、他の予備校ではしてもらえなかったと思っています。何より、研究計画に苦労しましたが、去年、独学で受験した時に作成した物にはあまり納得いってなかったので、今回、納得のいく物が完成できて良かったです。面接練習もできたので、緊張はしましたがあまり不安無く本番にいどめました。また、同じ目標を持つ仲間と励まし合いながら勉強できたことで、毎日くじけずにいることができました。お互い教え合いながらより深めることができたと思います。

 合格できて本当によかったです。これもコムニタスの先生の指導や周りの仲間が励ましてくれたおかげです。また、大学院でやりたいことを再確認することもコムニタスでできました。本当にありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。

RSS 塾長コラム

その他

Posted by 京都コムニタス